大分県の遺産相続ならアリー総合法務事務所、行政書士 吉岩大悟

アリー総合法務事務所
アリー総合法務事務所 お問合せ
お手紙をご覧になった方はこちら
チームワンストップ
チームワンストップのイメージ図

遺産相続手続専門の行政書士が中心となり、司法書士・税理士等の専門家と連携して相続に関する法的総合支援サービスをご提供いたします。

アリー総合法務事務所 会社案内
アリー総合法務事務所 スタッフブログ
アリー総合法務事務所 最新情報

続きを見る
続きを見る
続きを見る

大分県の遺産相続 アリー総合法務事務所 事例紹介

事例1

大分県の遺産相続 アリー総合法務事務所 ご相談者さまの相談前の現状

私共の事務所のパンフレットをご覧になって相談に来られました。自宅と土地については、長男であるSさんが引き継ぐことで、ほかのご兄弟や相続権のある甥御さんたちも納得されているようです。
しかし、田畑や現預金の分け方については話がついておらず、Sさんもほかの相続人の方へどのように話を切り出してよいものやら悩まれていたようです。

大分県の遺産相続 アリー総合法務事務所 私たちがお手伝いさせていただいたこと

まずは、Sさんのお気持ちをしっかりと伺いました。これまでご両親と一緒に生活されており、また、長い間亡くなられたお父様の介護もされてきたようです。高齢の母のこれからの生活もありますし、やはり「兄弟みな平等」ということでは納得いかないとの事でした。
そこで、Sさんと打ち合わせの上、相続人の方みなさんと直接お会いし、その際にSさんの気持ちを上手にお伝えしました。そして、法律できまった遺産の分け方や状況などを説明し、こちらからも遺産の分け方についてご提案させていただきました。その結果、最終的に皆さんで話し合いをして了承していただきました。
結局、不動産すべてと現預金の半分についてSさんが引き継ぐことになりました。残された遺産については他の兄弟で平等に分ける形になりました。

 その後、私たちの方で遺産分割協議書を作成して、協議書の内容に従い、不動産・銀行関係などの名義変更をそれぞれ行いました。相続人間の連絡など細かい調整から、煩雑な手続きまですべて私たちのほうでお引き受けしました。

ライン

大分県の遺産相続 アリー総合法務事務所 担当者の感想とポイント

吉岩大悟

遺産の分け方で争いになる多くは、話の切り出し方や時期、進め方で失敗しています。故人は当然のこと、誰も相続について争うことを望んではいません。多くの場合、きちんとした話し合いのきっかけや、話し合いの場さえあれば、話がまとまるケースが実は多いです。
今回のSさんも、まさしくそのようなケースでした。
私どもの事務所では、ご相談・ご依頼いただいた場合、まずはご本人からのご連絡(お手紙)をお勧めしています。もちろん、手紙の文面はこちらで全面的に推敲します。
「自分から手紙を出すのはちょっと・・・」という方や、手紙を出したにもかかわらず連絡がない場合は、私どもからご挨拶の手紙をお送りします。もっとも私たちは依頼人の代理として手紙を出すのではなく、あくまで穏便に解決を図る中立的な第三者としてお手伝いさせていただきます。
相続は感情的な要素が深く影響します。法律論をかざすことが必ずしも問題解決への近道とは限りません。なるべくお互い遺恨を残さないよう全力でお手伝いします。


遺産相続手続き費用
事例紹介

大分県の遺産相続 アリー総合法務事務所 その他の事例

事例紹介
子供がいないけど、遺産書を作成したい 詳細はこちら
父が亡くなり、相続の手続きをしたい 詳細はこちら